地震に強い建物とは?!

具体的に「地震に強い家」はどうやってつくるのでしょうか?
現在、実に簡単にお客様が建築会社にオーダーできます。
 
「耐震等級3でつくってください!」
 

「耐震等級」という誰でも分かる便利な物差しがあるので、

それで比較すればいいのです。

 
 
耐震等級とは?
 
では、耐震等級ってなに?
 
耐震等級は3段階、1・2・3で”3”が一番地震に強い等級です。
 
耐震等級1が建築基準法レベルです。
具体的には・・・・・
 数百年に一度発生する地震(東京では震度6強~7程度)
 →倒壊、崩壊しない(住人が死なない)
 数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)
 →損傷しない(家がそのまま使える)
 
耐震等級3(2)は

 数百年に一度発生する地震の1.5(1.25)倍の地震力

(東京では震度6強~7程度)

 →倒壊、崩壊しない(住人が死なない)

 数十年に一度発生する地震の1.5(1.25)倍の地震力

(東京では震度5強程度)

 →損傷しない(家がそのまま使える)
 

今まではお施主様がお家の耐震力を指定したり、

確認するのは困難でした。

しかし、現在では「耐震等級」で簡単に確認することが出来るのです。
 
 
長期優良住宅の落とし穴
 

うちは長期優良住宅でお願いしたから耐震は大丈夫・・・

と思われる方も多いでしょう。

 

実は、長期優良住宅の認定を受けるのには、

最高の等級”3”は必要ありません。

必要な耐震等級は”2”です。
 
耐震性を高めたいと考えている方は、
長期優良住宅+αの性能が必要なことを覚えておいてくださいね。
 
 
工法や耐震パネルに惑わされない
 
我が社は○○工法を採用しているので、地震に強いです。
うちでは、○○パネルを標準採用しているので、地震に強いんです。
柱が4寸なので・・・・
なんて言っている、営業マンは困り者です。
 
 
強い壁をバランスよく

基本的に木造に関わらず、RC造や鉄骨造も建物は壁で支えら

れています。

つまり、強い壁=耐力壁(たいりょくへき)で支えています。
 
耐力壁を多く配置すればいい、というわけではありません。
強い耐力壁をバランスよく配置する、ということが必要です。
 

そうすることによって、建物の地震に対する強さを上げる

ことが出来ます。

つまり、耐震等級を上げられます。
 
○○パネル等は、強い耐力壁を造るパーツであることが多いです。

つまり、そのパネルで得られる強さの耐力壁をバランスよく配置

することが大事なのであって、使うことが大事なわけではないのです。

 
 
 
今からは耐震設計ができるのが必須
 
「耐震等級3でお家造りしたいんですけど」とリクエスト。
その答えで、建築やさんの技術力が分かるかもしれません。
 

「自由設計なので、普段していません・・・・」

「出来ますが費用がかかります」

「建築基準法を守っていれば大丈夫です。」
 
そういう消極的な答えが返ってきたときは、少し不安がよぎります。
 
東北大震災の後、マジメに住宅に取り組んでいるところで、
耐震設計に前向きに取り組んでいないところはありません。
判断基準の一つにしてくださいね。
 
しかし、こうやって耐震等級3で造った高耐震なお家。
最初は3でも、経年劣化で耐震力が著しく落ちるのは本末転倒です。
耐震性と耐久性はセットなのです。