パッシブハウスについて

 

環境先進国ドイツでの現在の目標基準がパッシブハウスです。

日本の次世代省エネ基準なんて、遠く及ばない基準です。

 

ここまで性能を上げるのは理想ですが、現在の技術ではとても大変です。

つまり、初期コストがかかり過ぎで、元を取るのがとても大変ということです。

 

ということで、現段階ではあまりお奨めすることはできません。

 

ただし、パッシブハウスは私達のフラッグシップであり、出来たら建てたい建物であることは事実です。

 

弊社はパッシブハウス・ジャパンの賛助会員であり、パッシブハウスの資格である省エネ診断士も2名おります。

(香川では弊社だけ)

準備は万端です。