上櫛梨の家

平屋、板貼り

金刀比羅宮のある琴平市の田園地帯にたたずむ平屋のお家である。

クライアントは古い木造の学校のような建物を要望された。

使用されている材料は、古くなって味が出るような経年変化を楽しめるものをセレクトした。

 

また、大切に保管してきた古材をしようしたいというのも要望であった。

外壁の米杉や床の杉は時間がたつと、古材と同化し、いい風合いになる。

このお家はまだ未完成だ。

今から床や壁がいい味に変化してきて、初めて完成となるお家である。

 

また、畳のリビングから吹き抜けで子供部屋と繋がっており、家族の雰囲気を感じながら生活できる間取りである。

 

SPCIFICATIONS

 

外壁     ガルバリウム鋼板 鉄板大波

        ウェスタンレッドシダー貼り

 

屋根     ガルバリウム鋼板 一文字葺

 

サッシュ   YKK APW330

 

キッチン   LIXIL amiy

 

バスルーム TOTO sazana

 

洗面     造作オーダー

 

床       杉(ムク)板貼り

 

玄関     simpson社 木製

 

内装     クロス貼り(一部珪藻土塗り)